本店移転

会社の本店を変えた場合の登記(会社の引っ越し)-本店移転登記

本店移転会社が本店(所在地)を別の場所に移転した場合、移転した時から2週間以内に本店移転登記をする必要があります。
本店移転登記とは、会社の登記簿の「本店」を変更する手続きのことです。
会社の本店は、登記事項であり、定款の記載事項でもありますので、その両方の変更が必要となります。ただし、定款に本店所在地の最小行政区画(市町村)までしか規定していない場合は、その最小行政区画内での移動であれば、定款の変更の必要はありません。
また、旧本店所在地の法務局の管轄内での移転では、1つの申請ですみますが、法務局の管轄外への移転の場合は、新本店所在地の法務局宛、旧本店所在地の法務局宛の2つの申請を旧本店所在地の法務局に申請します。

当事務所の会社の登記の特徴

特徴1 専門家ならではの知識と経験

多くの経験、知識により、登記をスムーズに行います。

特徴2 在宅手続きが可能です

司法書士が出向き、手続きの説明から、登記に必要な書類への署名捺印まで行えますので、在宅のまま手続きが可能です。

費用の目安

報酬

1件: 3万円~

実費

登録免許税: 手続きの内容によって異なります。

登記事項証明書・事前調査費用等: 3000円程度

まずはお気軽にご相談ください。092-937-3797お問い合わせフォームへ

ご依頼のながれ

ステップ1:お電話での相談のご予約

ステップ2:ご相談・お手続きの説明・費用のご説明・契約

ステップ3:変更に必要な株主総会の開催等の会社内部の手続き

ステップ4:必要書類の収集・授受、議事録等への作成、署名押印

ステップ5:登記申請

ステップ6:登記終了後、書類のお渡し

設立登記に関するQ&A

Q1 会社の登記の登記期間を過ぎるとどうなりますか?

会社の登記の特徴として、登記期間があります。 多くは登記を変更しなければならない事が会社に生じたときから、本店所在地については2週間内、支店所在地については3週間以内に登記しなければならないと定められています。
その期間を過ぎて登記をしてしまうと、過料という罰金のようなものを支払う必要があります。 過料が科される金額については、100万円以下となっています。 金額がいくらというのは、裁判所が定めるため、不明です。ただ、徒過した期間が長くなればなるほど、金額が増額されるようです。

  • わかりやすいお見積書の提示!

    お見積書を作成し、
    費用を明確に致します。

  • ご納得いただけるお手続き!

    丁寧にご説明をし、
    ご了承頂いてから
    手続きを進めます。

  • 迅速に対応!

    出来る限り迅速に
    手続きを致します。

まずはお気軽にご相談ください。092-937-3797お問い合わせフォームへ