所有権移転登記

不動産登記とは?

所有権移転この土地、建物が誰のものか、どのような権利関係なのかを示す台帳を不動産登記簿といいます。
登記簿は、その土地、建物を管轄する法務局に備えられており、誰でも公開されています。
具体的には、各地の法務局やインターネットでその閲覧や登記事項の証明書を請求することにより見ることが可能になっています。
土地や建物について、売買などにより所有者が変わった場合や抵当権・根抵当権等の担保権を設定した場合に、法務局に対して登記簿の書き換えの申請をすることを登記(登記申請)といいます。

不動産登記の種類

不動産登記は、「表示の登記」と「権利の登記」に分かれます。
■表示の登記:不動産の概観を表示するもの。(例えば、土地・建物の所在や面積など)
■権利の登記:不動産の権利関係を表示するもの。(例えば、この土地が誰のものなのか、など)
表示の登記も権利の登記も記載に変更があれば、その変更の登記申請をする必要があります。
例えば、一つの土地を二つに分けた場合、その旨の表示の登記申請(分筆登記)をしますし、ある土地を誰かに売ったという場合は、その旨の権利の登記(所有権移転登記)をします。
表示の登記は、土地家屋調査士が、権利の登記は司法書士がおこないます。
※表示の登記についてもご依頼いただけましたら、提携しております土地家屋調査士をご紹介いたします。

不動産登記の必要性

不動産登記は、基本的に、表示の登記は義務、権利の登記は自由です。
しかし、権利の登記は自由だからといってしないわけにはいきません。
例えば、ある土地を買ったときに、その土地の所有権移転登記をしないでおくと、その売主が登記が自分であることをいいことに別の人に売ってしまうかもしれません。 (その場合に、その別の買主が登記を受けると、その人に「自分が所有者だ」とはいえません)また、自分が所有者であるという登記がなされてないと、いざその土地を売ろうというときに、誰も買ってくれません(登記がないと、誰も所有者であると信用しないからです)。
つまり、権利の登記は、自分の権利を確保するために必要であり、しなければならないことになります。

所有権移転登記(名義の変更)

所有権移転登記(名義の変更)とは、不動産の所有者に変更が生じた際に行う登記です。
主に、土地・建物を①売買(売主から→買主へ)②相続(被相続人から→相続人へ)③贈与(贈与人から→受贈人へ)した際に行います。

まずはお気軽にご相談ください。092-937-3797お問い合わせフォームへ

所有権移転登記の流れ

ステップ1:お電話での相談のご予約

ステップ2:ご相談・お手続きの説明・費用のご説明

ステップ3:ご依頼・契約

ステップ4:必要書類の収集等

ステップ5:登記に必要な書類の作成

ステップ6:登記手続き書類への署名捺印

ステップ7:登記申請

ステップ8:登記識別情報等のお渡し

  • わかりやすいお見積書の提示!

    お見積書を作成し、
    費用を明確に致します。

  • ご納得いただけるお手続き!

    丁寧にご説明をし、
    ご了承頂いてから
    手続きを進めます。

  • 迅速に対応!

    出来る限り迅速に
    手続きを致します。

まずはお気軽にご相談ください。092-937-3797お問い合わせフォームへ