相続放棄・限定承認

債務・借金も相続します

相続では、権利(財産)も義務(負債)もどちらも引き継ぎます。
相続と聞くと、財産のことばかりが取り上げられますが、相続した借金をどうするかも問題となるのです。
承継する財産より負債の方が多い場合は、相続放棄を考えます。
もし、相続財産と負債の差がわからない、不明の多額の債務が存在している可能性がある場合は、限定承認も視野に入れます。
遺産分割で何ももらわないことを相続放棄したと勘違いされている方もいらっしゃいますが、その区別は重要です。
相続放棄は債務も相続しなくなりますが、遺産分割で財産を何ももらわなくても、債務は承継するからです。
相続放棄・限定承認は、伴に相続があったことを知った時から3か月以内に家庭裁判所で手続きをとる必要があります。その点も注意が必要です。

当事務所の相続放棄・限定承認の特徴

特徴1 相続が生じた段階からご連絡を

相続が生じたら、まずご連絡ください。
相続についての手続きを一からご説明させていただきます。

特徴2 相続放棄・限定承認の注意点をしっかりご説明します

相続放棄・限定承認は、大きな権利関係の問題を扱う手続です。
手続き自体は単純ですが、注意すべき点がたくさんあります。
問題が生じないかをしっかりと精査し、注意点をしっかりご説明したうえ、手続きを行います。

特徴3 多くの経験から培われたノウハウ

相続放棄・限定承認は多くのノウハウが必要な手続です。
書面の記載内容によって、相続放棄が受理されるか否かが決まることもあります。
その点もノウハウが必要な所以です。

特徴4 ご自宅にも伺います

交通手段がない場合や歩行が困難な場合など、事務所へおいでいただくことが困難な場合は、司法書士がご自宅に伺い、在宅で手続きをすすめることも可能です。

相続放棄・限定承認費用

1 相続放棄申述書の作成

報酬:3万円~5万円

2 限定承認申述書の作成

報酬:3万円~5万円

3 戸籍の収集

報酬:1万円

※全て実費は別となります。

まずはお気軽にご相談ください。092-937-3797お問い合わせフォームへ

相続放棄・限定承認のお手続きのながれ

ステップ1:お電話での相談のご予約

ステップ2:ご相談・お手続きの説明・費用のご説明

ステップ3:最終的な財産の調査

ステップ4:ご依頼・契約

ステップ5:相続放棄申述書の作成

ステップ6:照会書の到達

ステップ7:相続放棄申述の受理

相続放棄・限定承認のQ&A

Q1 相続放棄をしたらどうなりますか?

相続放棄をすると、そもそも相続人でなかったことになります。
財産も負債も相続せず、債務の保証等の義務も負いません。
ただし、相続財産を管理されていた場合は、相続人に引き継ぐまで、その管理は継続しなければなりません。
また、第一順位の相続人全員が相続放棄すると、第二順位の相続人が相続人となり、第二順位の相続人が相続放棄すると、第三順位の相続人が相続人となります。
相続人全員が相続放棄すると、相続人不存在となり、最終的に財産は国庫に帰属します。

Q2 相続放棄のできる3か月内の期間(熟慮期間)を超えている場合は、どうすればよいでしょうか?

相続放棄は、相続が開始したことを知った時から3か月以内に申立てする必要があります。
亡くなった時からではなく、知った時からというのがポイントです。
亡くなった時から3か月を超えているからとあきらめる必要はありません。

Q3 相続財産の調査や相続放棄の準備で時間がかかり、熟慮期間を超えそうです。どうにすればよいでしょうか?

熟慮期間は延長が可能です。
3か月を超えそうであれば、家庭裁判所へ延長の申立てをします。

Q4  相続財産、相続した負債をどのように調べたらよいでしょうか?

不動産であれば、登記簿謄本(法務局で取得)や、名寄帳(各市町村役場で取得)を調べます。
預金であれば預金通帳や証書を調べます。

銀行のカードや銀行からのお手紙でもそこに口座を持っている可能性がありますので、通帳がなければ残高証明を銀行に請求します。
株式は、証券会社から定期的に郵便が届いていることが多く、それをもとに証券会社に問い合わせます。また、銀行の通帳に証券会社の名前があったり、配当金が振り込まれていたり、貸金庫やタンスの中に株券自体があることもあります。

借金については、契約書や返済の領収書等があれば、一番わかりやすいのですが、それがない場合も、毎月の返済についての通知が届いていたり、銀行引き落としの債務は、通帳のなかに貸金業者の名前がありますので、そこから判明することがあります。
また、信用情報機関(CIC、全銀連等)に情報の開示を請求すると、登録している貸金業者から借り入れは全てわかります。
問題は、亡くなられた方が保証をしている場合ですが、保証債務については調べるのが非常に難しいのが現状です。契約書の写しをもらっていたり、知人や親族から情報を集めるしかありません。

相続放棄をしてしまうと、あとから財産がでてきても、放棄の撤回はできません。

  • わかりやすいお見積書の提示!

    お見積書を作成し、
    費用を明確に致します。

  • ご納得いただけるお手続き!

    丁寧にご説明をし、
    ご了承頂いてから
    手続きを進めます。

  • 迅速に対応!

    出来る限り迅速に
    手続きを致します。

まずはお気軽にご相談ください。092-937-3797お問い合わせフォームへ