贈与

不動産の贈与には、正しい知識が必要です。

贈与「不動産の名義を変更したのですが、元に戻してほしい」 というご依頼をよく受けます。
不動産の名義を変更したものの、税金の申告を一切しなかったため、税務署からお尋ねの書類または連絡が来て、贈与税が課税されることが分かり、慌ててご相談にこられるのです。
不動産の名義の変更には、法律の知識、税金の知識、そして経験的に得られる知識が必要です。
それを知らずに名義変更を行うと、大きな額の課税がなされたり、法的な問題や実際の不動産の利用に問題が生じたりすることがあります。
元に戻すことも可能なこともありますが、それで問題が解決するとは限りません。
不動産の名義変更をするのであれば、まず、専門家に相談することを強くお勧めいたします。

費用の目安

A.贈与による所有権移転登記のみ

7万円

B.提案書の作成+贈与による

10万円

まずはお気軽にご相談ください。092-937-3797お問い合わせフォームへ

ご依頼のながれ

ステップ1:お電話での相談のご予約

ステップ2:ご相談・お手続きの説明・費用のご説明

ステップ3:ご依頼・契約

ステップ4:ご提案書の作成・検討

ステップ5:必要書類の収集

ステップ6:贈与契約の締結

ステップ7:所有権移転登記の申請

贈与に関するQ&A

Q1 贈与のメリットを教えてください

例えば、親が子に、妻が夫に不動産を贈与(不動産の名義変更)する場合、いずれは、相続することになるので、相続を待てばよいような気がします。しかし、そのような場合でも、メリットはあります。
主に、2つのメリットです。

①相続は、不動産の所有者が亡くなるまで、名義が変えられませんが、贈与は、すぐ名義が変わります。
②相続対策(相続税の節税など)として、有効な場合があります。

それぞれ詳しくは、当事務所運営の別サイトをご覧ください。

Q2 贈与にデメリットはありますか?

一番のデメリットは、相続ではかからない税金がかかることです。
贈与税、不動産取得税、登録免許税に関しては、かからないものがかかる、または、相続より多くかかることになります。
しかし、その一部は、税金の特例等を利用して、非課税や課税の軽減を受けることができるものもあります。
それぞれ詳しくは、当事務所運営の別サイトをご覧ください。

  • わかりやすいお見積書の提示!

    お見積書を作成し、
    費用を明確に致します。

  • ご納得いただけるお手続き!

    丁寧にご説明をし、
    ご了承頂いてから
    手続きを進めます。

  • 迅速に対応!

    出来る限り迅速に
    手続きを致します。

まずはお気軽にご相談ください。092-937-3797お問い合わせフォームへ